愛犬の毛並みや毛艶に欠かせないドッグフードの成分は?

愛犬の毛並みや毛艶にはたんぱく質が欠かせません。そのため良質なタンパク質を含むものが、愛犬にとって理想的なドッグフードと言えます。

また毛並みだけでなく、筋肉や臓器、そして皮膚なども全てタンパク質なので、毎日の食事の中でバランスよくタンパク質を摂る必要があります。

実際には、20種類のアミノ酸から構成されており、体内で合成できるものと合成できない必須アミノ酸に分類されます。

人と犬では必須アミノ酸の種類が違うので、注意が必要です。

犬の場合は10種類あり、具体的には、バリンやロイシン、イソロイシン、スレオニン、さらにメチオニンやフェニルアラニン、トリプトファン、そしてリジン、ヒスチジン、アルギニンです。

ドッグフードには、これらの必須アミノ酸の全てが配合されていることが重要です。

その他、大豆や小麦などの植物性と、肉や卵などの動物性のタンパク質はどちらも重要です。アミノ酸の含有量が異なっているため、一方に偏らずにどちらも含まれているドッグフードが理想です。

ただし犬の内臓は肉食獣に似ており、植物性より動物性の肉類の方が消化吸収しやすい傾向にあります。また美しい毛並みには、脂質も必要です。

しかし脂質はカロリーが高いため、オメガ3やオメガ6のような品質の良い不飽和脂肪酸を、適量含んでいるドッグフードが良いです。

オメガ3を含むオイルには、ゴマ油やひまわり油、アーモンド油などがあり、オメガ6を含むものには亜麻仁油やエゴマ油があります。イワシやサンマなどの魚油も、オメガ6を含む良いオイルです。

ドッグフードは日によって与える量や種類は変えるべき?

現代では、大切な家族の一員としてペットを育てている家庭が増えてきています。

与える食事にも細かいところまで気を配りながら、健康的な体となるよう心がけています。ドッグフードには犬に必要な栄養素がバランスよく含まれていますので、犬の好みに合わせてドッグフードを選んでいる飼い主も多く見られます。

しかし、時にはペットが体調不良で吐いてしまったり下痢する場合も少なくありません。そんな時には、まずドッグフードの量や種類を変えることによって症状が落ち着いて改善することもあるのです。

最近は数多くの種類のドッグフードが開発されています。小型犬や大型犬など犬のサイズや犬種に合わせて異なるドッグフードを販売している会社も多く、体重管理も非常に楽にできるようになりました。

愛犬が太りすぎないよう心配りをしながら最適体重を目指してダイエットにも励むことができると高い評判を集めているのです。

このように、愛犬にえさを与える際には、その日の体調や便の硬さ柔らかさなどに応じてドッグフードの量を減らしたり、食事の回数を調整するなど臨機応変な対応が求められています。

いつまでも健康で長生きできるように、常にペットの体の具合を観察しながら食事管理を行なっていくことが何よりも肝心なのです。

食欲がないようであれば食いつきやすい半生タイプやウエットタイプの缶詰を用意するなど、種類を変えていくことも改善へとつながります。

大事な家族と暮らしていくためにさまざまな工夫を凝らす必要があります。

穀物不使用のドッグフードに変えて、愛犬の健康が良くなったとの声も!

毎日きちんとフードも食べているけど、毛のツヤが気になったりうんちが臭い。

微妙も気になる愛犬の体調不良は、ドッグフードを変えることで改善され健康になれる場合があるのです。穀物不使用のドッグフードは、本来肉食の犬の健康のために良いとされているフードです。

グレインフリーとも呼ばれ、穀類(小麦、とうもろこし、米などの穀類)を使用していないという意味なのです。犬は、口内で唾液に穀類(でんぷん)の分解を助ける働きをする酵素アミラーゼをもっていないため、効率よく消化、吸収できないので穀類は犬の消化器官に負担をかけるとされています。

一般的なドッグフードは、つなぎやかさ増しのため、トウモロコシや小麦などの穀類が多く含まれているのです。

穀類の取り過ぎは消化不良、肥満、アレルギーなど様々な悪影響をもたらすとされているのです。穀物不使用のドッグフードは、犬の食性に配慮したフードです。

穀類のつなぎを使用していないため、肉の含有率も高く、消化器官にも負担をかけずに効率よく栄養を吸収することができます。

腸の働きが改善されることで、うんちの状態や毛ツヤも改善されるなど、健康状態も良くなる効果が期待できます。

そして穀物不使用のドッグフードは、穀物アレルギーがある愛犬のアレルギー症状を改善し、アレルギーがない愛犬が発症するリスクを減らしてくれるのです。

穀物不使用のドッグフードは、愛犬の健康を維持してくれます。そして、将来の病気のリスクも減らしてくれるのです。

アレルギーが心配なワンちゃんにはオーダーメイドのドッグフードが◎

人間と同じように、ワンちゃんにもそれぞれの体質を持ち、中にはアレルギーを持っているケースもあります。[

家族の一員ですので、高齢ゆえに食べた物の消化する力が弱くなっていたり、アレルギーや持病を持っていたり、太り過ぎたりすると何かと心配もあるでしょう。

その解決法の1つとして、オーダーメイドのドッグフードがおすすめされます。最近ではオーダーメイドのドッグフードも愛犬家の間で注目されるようになりました。
オーダーメイドのドッグフードは高いというイメージがありますね。確かに量販店で買うものよりは高価であります。しかし家計が破綻するほど高額なものではありません。

ワンちゃんの体調や好み、病歴などに合わせて作ってくれるので、愛する家族の今後の健康な生活を考えるなら必要な費用ではないでしょうか。ワンちゃんの体質が考慮されていないフードを与えて病気がちになり、頻繁に通院したり入院することを考えれば、安い方ではないでしょうか。

オーダーメイドなので、素材からワンちゃんに合わせて選ぶことができます。アレルギーを持っているなら、その検査表をもとに選ぶと良いでしょう。また業者の方で対応してくれるケースもあります。

オーダーメイドのドッグフードを注文する前に、まずはかかりつけの獣医に相談することも大切です。アレルギーの検査をしたことがなければ、検査が必要となることもあるでしょう。

ワンちゃんの体質をきちんと知った上、オーダーメイドのドッグフードを注文しましょう。