穀物不使用のドッグフードに変えて、愛犬の健康が良くなったとの声も!

毎日きちんとフードも食べているけど、毛のツヤが気になったりうんちが臭い。

微妙も気になる愛犬の体調不良は、ドッグフードを変えることで改善され健康になれる場合があるのです。穀物不使用のドッグフードは、本来肉食の犬の健康のために良いとされているフードです。

グレインフリーとも呼ばれ、穀類(小麦、とうもろこし、米などの穀類)を使用していないという意味なのです。犬は、口内で唾液に穀類(でんぷん)の分解を助ける働きをする酵素アミラーゼをもっていないため、効率よく消化、吸収できないので穀類は犬の消化器官に負担をかけるとされています。

一般的なドッグフードは、つなぎやかさ増しのため、トウモロコシや小麦などの穀類が多く含まれているのです。

穀類の取り過ぎは消化不良、肥満、アレルギーなど様々な悪影響をもたらすとされているのです。穀物不使用のドッグフードは、犬の食性に配慮したフードです。

穀類のつなぎを使用していないため、肉の含有率も高く、消化器官にも負担をかけずに効率よく栄養を吸収することができます。

腸の働きが改善されることで、うんちの状態や毛ツヤも改善されるなど、健康状態も良くなる効果が期待できます。

そして穀物不使用のドッグフードは、穀物アレルギーがある愛犬のアレルギー症状を改善し、アレルギーがない愛犬が発症するリスクを減らしてくれるのです。

穀物不使用のドッグフードは、愛犬の健康を維持してくれます。そして、将来の病気のリスクも減らしてくれるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です